年末だし、なんだかんだ。

IMG_3055.jpg

写真はこの間読んだ本。
両方図書館で。
毎週、2冊ずつくらい、借りてきては読んでます。
いろんな作者との出会いが楽しい。

このごろ読んだ
内澤旬子さんの、身体のいいなり、
身体の不調の記録とか、・・ああ、わかるわかる〜って
思うところ、どんな女性にもあるんじゃないかなー。
私も、いつもどこか痛いところがある感じが、そうそう、そんな感じ!って
思いました。

内澤さんは乳がんを患ったんですが
先日のニュースで
間違って切らなくていい方の乳房を切ってしまった事故をみて
ゾッとしました。
こういう事故って、昔から何度も繰り返してるのに、
やっぱりなくならないですね。
いつ、自分の身にそんなことが起こっても、不思議ではないくらい。

IMG_3087.jpg

スープストックでランチの画像です。
一人2種類のスープを選ぶと、二人だと4種類で、にぎやか〜。
この時は、一番美味しかったのはブラウンシチューでした。
クリーミーさが気に入りました。

・・最近面白かった番組は、
イザベラ・ロッセリーニのグリーンポルノ。

再放送とかあったら
すごくおすすめです。

イザベラ・ロッセリーニといえば
ずっとランコムの広告とかでおなじみだったけど
この作品を見て、豊かな人間性に触れられて、
意外だったし、楽しかった。

最近、新聞とかで、ゲイの人とかに対する差別的なことをいう
議員さんとかの記事を見かけるので
そういう人にも、この作品見て欲しいと思った。

作品からの抜粋です。
イザベラが、語ります。
「長い間 私たちは同性愛を自然に逆らう倒錯行為として
非難してきました。
自然に逆らう?
(イザベラは、笑います。)
でも、自然界の動物は
異性愛、同性愛、性転換など、あらゆる行為をする。」
(いろんな実際例があげられます。鹿も、そしてイルカも。)

自分が(あなたが)知らないだけで、
ほんとは自然界は、窮屈な人間の思い込みには
囚われていないので
例の議員さんとかも、簡単に「不自然だ」とか
他の人のことを非難してほしくないなと思ったのでした。
自然は、そんなに単純ではないのです。
おなじように、人間も、そんなに単純ではないということね。
ついわすれがちになるけど。
つい、都合よく、自分の偏った目でしかものごとを見つめなくなるけど。

イザベラの語る動物たちの性行動は
どれもとても楽しくあたたかく、
この作品をみると、
生き物を見る目が(自分を含めた人間も)
優しく愛情深くなるような、気がしました。

・・ああ、人間性豊かな人の視線は
とてもあたたかくて、親しみやすいです。

周りの人も、自然と優しい気持ちになれます。
そんな大人にはなかなかなれずにいるけど、
もしかしてよ、すごく長生きしたら、最後にはちょっとは
そんな風になれたら、って思いますよね、思うだけなら、だれでも思えるからね〜。

IMG_3142.jpg

M-SIZEのカカオカモ、夕食で食べた分です。
とにかく美味しかった。
カカオ豆の入ったブリオッシュ生地、毎月恒例で出して欲しいよー。
美味しかったです。






スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

パンとオサンポ

Author:パンとオサンポ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle