二子玉川らいすのらいすのお供、続き

IMG_3061.jpg

一個前の日記では怒ってたけど
それはそれでおいといて、
二子玉川らいすのイベントのことです。

トレイにのってるのは、ごはんといろんなおかずです。

ごはんを購入して(これは200円でした)すきなおかずを
いろいろのっけてもらうのです。
いろんな高知県の「らいすのお供」のお店の方がずらっと並んで
欲しいものをいえば乗せてくれるの。

とても楽しいイベントな、はずなんですが
ちょっと、下手だなー・・と思った点が。
だって、どれもみんな塩っ辛い系なんだもん。

口の中が塩辛くなりすぎて
美味しいものが、お互いを殺し合ってました。
次回こんなイベントがあるなら、
ぜひ、美味しいお茶とか飲み物も一緒に楽しめるイベントにして欲しい。

お酒のおつまみのようなものばかりなので
子供連れにはちょっときついし。

そして、
また、思い出していやなんだけど、
PONITS BARのことです。
こちらのコーナーだけは、並ばないと食べられないコーナーで、
けっこうな人が並んでました。

スタッフの商品説明を聞きながらミニコースを味わえますっていうんだけど
実際は、このスタッフ(私をお母さんといった人!)、別になにも
説明しないし。
ようするに、さいごにどれが一番美味しかったかアンケート結果がほしいだけに見えました。
それなら
わざわざ行列させなくても、他のらいすのお供と同じように、好きに食べてもらって
アンケートはそれぞれにお渡しすればいいじゃないの?

行列した割には特に何もいいことなく、商品のサンプルを少し食べただけで
しかも塩辛いものばかりで、お茶もでないし、こんなのつまらなすぎる、と思いました。
あんなに並ばせるんなら、せめてお水くらい、用意しても・・・じゃない?

右のブースの方だと、ちがったのかな?
そっちのスタッフさんは落ち着いた感じの男性でした。
私は左のブースで、若い(若造です)男のスタッフ(前回、店員と書いたけど、スタッフ、っていうのかな)
、私はとても失礼だと思って嫌だったけど
連れに言わせれば
「彼はいっぱいいっぱいで、何言ってるかわかってないんだよ」だそうです。

たしかに、そうだったかも。
行列を整理してくれてた女性スタッフはとても礼儀正しくて
落ち着いた感じの方だったから
彼女が商品説明をしてくれたら
もっとちがった感想を持って、帰れたかもしれない。

いろんな意味でとても惜しいイベントだった。
とりあえず、イッツコムとかポニッツはいろいろ、下手だな、と思って終わったのでした。

でも、肝心のらいすのお供たちは
一品ずつみれば、とても良い品が多かったので
見せ方が惜しかったな・・とやっぱり悔やまれる。
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

パンとオサンポ

Author:パンとオサンポ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle