カフェ、今あるカフェ、昔あった伝説のカフェ

IMG_0286.jpg
甘酒と小豆の美味しい飲み物と
ミトラカルナさんの自然な味の焼き菓子。

ロジの木でのんびりぽりぽりお菓子食べてました。

・・・お店、今でも営業時間少ないんだけど
7月はずっとお休み(お店のメンテナンス)だし
8月も多分不定期営業だし
ご飯セットも、今月いっぱいで終了・・だそうです。

私は、ロジの木がずーっと
そこにあってくれたら、
それだけで嬉しいので
あんまり、営業形態変わっても、気にしない。

私にとっては、いてくれたら、ホッとしてやる気取り戻せる場所。

人によって、カフェの存在意義って違うと思うけど。

もの作る人にとっては、創造力を養う場所だったり・・
文章書く人、仕事抱えてる人は
気分転換するために、場所を変えて仕事するために、欠かせない場所だろうしね。


私は単なる、家事からのリフレッシュを求めて、です。
家事っていっても、毎日毎日の事だから、自分で気分転換しないと
楽しくなくなっちゃうのです。

・・・で、ロジの木へいってお茶してご飯してゆっくりして
人のおしゃべり聞いたり、いらぬ口をちょっとはさんだりして
元気回復させてもらうのよね。

なんかのサークルとか、趣味の会とかと違って、人に
気を使わなくていいし。
約束もいらないし。
ぼー・・っと本見てられるし。

サイコー!(えへへ〜)

・・でも 
いい場所、気持ちいい場所を、維持していくには
見えないところでものすごい労力、時間、気遣いがいるでしょうね。

一人オーナーさんだけのお店って
そういう意味でも、すごく貴重。

IMG_0270.jpg

町田純さんの本が並ぶ図書館の棚。

純さんも渋谷でカフェをされてたのです。

その頃私は知らなかったから、(とういうか、東京にいなかった)
いったことないままに、お店も純さんも
いなくなってしまいました。

あのころヤンの本に出会ってたら
絶対行ってみたかった、カフェ、オデッサ・イスタンブール。

どんなカフェだったのかな・・と
残された手がかりの写真をみながら想像します。

でも、ヤンの本に出会えて良かった・・ずっと遅れてきたファンです。

・・図書館に本が並んでるのも、
私が予約注文したので、読んで返したから。
でなきゃあんまり書架にでてなかったみたいで。
なので、本が並んだところ、記念にこっそり撮ったのでした。

ヤンとカワカマス
カワカマスのヴァイオリン、そして
閣下!(これはちょっと毛色が違うけどこれも良いです)

カワカマスの話も
他の話も、ちょっと説明できない、好きだ、とだけ。

偶然、図書館でであって、
他の本も探したら市内でも数冊しか所蔵してなくて
あんまり本屋さんでも、もうないみたいで
遅れてきたファンの私は
アマゾンで注文して、今家に着々と、全作品揃え中です。

写真にとったカワカマスくんのでてくる本も、
もう手に入れたので安心して返したのでした。







スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

パンとオサンポ

Author:パンとオサンポ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle