家ご飯の思い出

IMG_0196.jpg

豆とかパプリカいっぱいのパスタ、
暑いので冷たいパスタ作ったり・・これは昼ごはん。

IMG_0179.jpg

お店で買ってきたいろいろ焼いただけとか・。
これは晩御飯。

料理ともいえないような
簡単なものばかりです。
・・・でも、何出しても
美味しい美味しいっていって食べてくれる人がいるって
すごくラッキーなのね。

何か、いってくれないと、私はすごく不安になるんじゃないかなー。

私、すぐに美味しい!っていってくれないと
耐えられないかも・・。

夫婦円満のこつは
奥さんの作る料理にとにかくケチつけないことだそうです。

甘すぎるだの辛いだの、
とにかく言わないこと。

何が出てきても不満な顔はしないで
褒めちぎってればいいんです。

奥さんが、最初にそういうことを教えておくと、いいかもです。

今じゃ、うちの相方なんか
口に入れる前から、うまい!って言い出しかねない勢いですから!

・・そうすると、
まあ、こちらも作ったかいがあったな〜・・って疲れもふっとぶしね。


昔は、お母さんの作ってくれたものになんだかんだいったら
「もう、食べんでもよろしい。」って
言われて普通だったよねえ?

お母さんが(お父さんでも)
子供のためにご飯作ってくれたら
なんでもありがたく感謝していただきます、って、・・そうだったもんね。


そんなことをいろいろ思い出しながらご飯食べてたある日
昔のこともどんどん芋づる式に思い出しました。
食べることにまつわる思い出って、奥がふか〜〜〜いです。

・・私がもう、18才過ぎてたと思うけど
母が仕事で遅い日、
料理本で読んだとおり昆布をひいて
鱈ちりの用意をして待ってたら
すごく感激してくれたこととか・・、
反対に
玉ねぎいっぱい入れたサンドイッチ、自分ではすごく気に入ってたのに
「こんなまずいサンドイッチは食べたことないわ」なんて言われたこととか(ひどい・・)

やっぱり、母との思い出がいっぱいです。

・・でも父も意外と、
電子レンジでパウンドケーキ作ってくれたり
面白い思い出があるな〜・・。

下の妹の気をひこうとしてたのよね、思えば。
ケーキを作って、もてたがる(寂しい)父・・。


スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

パンとオサンポ

Author:パンとオサンポ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle