パプリカは焦げ目つけて焼くか、ピクルスにするのが好きなので・・

父の日万ボー

M-SIZEのスペシャルパン。

いつもとちがうその日だけのパンを店主さんが
いろんな素材の組み合わせで創作されます。

で、上の写真は父の日の「父だってマンゴー」という名前のパン。

もうひとつは、パパの書斎という名前のついた
パプリカのカップにトマト生地のパン、リコッタチーズのトッピングのパン。

私は、父の日パンは、好きな組み合わせじゃなかった!
パプリカはやっぱり
こげ焦げになる感じで焼いた方が好きー。

父の日は、焼肉にすることが多いから、
昨日も焼肉だったので、
父の日パン、解体して
パプリカはこげ焦げに焼いて、
パンはパンでカリッと焼いて、
リコッタチーズはリコッタチーズで、マンゴーにのせてオードブルにして
食べちゃった方が、きっと美味しいと思った!

これは、好みの問題だから
水分多めのしっとりした素材感たっぷりのパンが好きな人は、
パプリカのパン、気に入ったんだろうけど。
ほんとに、好みの問題だから、
来年もしまたこれと同じパンだったら
私は、
父の日パンだけは、パスかも!

こちらは、昨晩の焼肉風景・・・。

焼肉

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

パンとオサンポ

Author:パンとオサンポ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle