自由が丘祭りで細々いろいろ

IMG_7386.jpg
先日、自由が丘祭りへ行ったら
線路の向こうもこちらもあっちもそっちも
街じゅう屋台やワゴンだらけで
とても活気があって楽しかった。

緑道の裏道エリアも可愛いお店がぽつぽつあるけど
そこに出てたお菓子屋さんで買ったシフォンケーキ美味しかったです。

このお店は、五本木交差点の近くに日曜日だけ
自宅でお菓子販売されてる方だったと思う。

・・・いろんなワゴンでいろいろ買ったので
どれがどれだか、ごちゃごちゃになっちゃってすみません。
でもこのお店のは、今度行ってみようかと思ったのでした。

小さい、レアに開店してるようなお店って、ツボなのです。

そして
ハルカゼフラワーさんで見つけて可愛い花もつれてかえりました。

IMG_7379.jpg
これはこのまま、
ドライになるんだろうか・・?

お花を楽しむテーブル。
IMG_7378.jpg
部屋の一角に小さいお花ばかり集めたコーナー。

今朝起きたら
ノーベル文学賞のニュースがでてました。

例年どうり、
村上さんが賞を取れなかったと見出しに出てて
でも
村上さんは、賞が取りたいとか、全然言ってないのに、
「逃した」って書かれて毎年、嫌なんじゃないか?と思った。

そして
村上さんの熱烈なファンのことをハルキストと呼んでるけど
村上さん自身は
その言い方は好きじゃなくて
村上主義者という言い方のほうがいいとおっしゃってるのに
新聞もテレビも
「がっかりするハルキスト」的な映像をずっと流すままなので
なんか
あんまりひどいんじゃないか・・?と思ったり。

なんか、あんまり頭も気持ちも使わず
機械的に記事やニュースを作りすぎなんじゃないか。

私は特に村上春樹さんファンでもないけど
それくらい、知ってるし・・。
まして記事にするなら、
作家本人の意向を無視して、いつまでも、ハルキストがっかり、なんて
退屈な繰り返しって、プロとしてどうなのよ。

それに、頭使わないといえば
よく
テレビの吹き替えなんかで
女性の声が妙に女っぽすぎて
気持ち悪いとか、
感覚が古すぎるんじゃないか?的言い回しを
いつまでもそのまま使ってたり、
時々
テレビとか新聞とか作ってる人たち
神経疑いつつ・・、さっと目を通すけど。
そういう感覚って、
ないのかなあ。

いつまでも
女主人公が、〜なのよ、とか
なんですって!とか。。そしてかっこいい男が・・だぜ?とかいうのって、変だと思うけど!
変だよ!

そして
ノーベル賞の選考も、やっぱり変だわ。

オバマさんが
平和賞もらったときも、
?だったよ。
まだ、これからなのに。
まだ、なんにもしてないのに?なんかしたっけ?って思ったけど。

よくわからない。
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

パンとオサンポ

Author:パンとオサンポ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle