弱火で焼くやり方も・・ステーキ

IMG_5207.jpg

お肉でーす。

普段うちでは買わないような
高級お肉いただいて、その包みをあけたら
あんまりにも普段食べるようなステーキ肉と様子が違うので、
・・・プレッシャーに、困り果てました!

・・・どうやって焼いたらいいの?

普通は強火で焦げ目をつけて裏返して弱火で・・みたいな感じ。

でも、こんなさしが入りまくりの上物、できるだけ美味しく焼きたいじゃない?
万が一、焼きすぎたりしたら、お肉台無しの危険が・・もったいない。

なので、
ネットで検索してみたら
弱火で焼き始める、っていうのを発見しました。


にんにく炒めたら、そのまま弱火でじっくり焼くというものです。

結果、この方法は、すごく良かったので、ここに記録しときます。

IMG_5199.jpg

最初、フライパンに入れてから、お肉の内部半分くらい、火が通ったのを確認して
ひっくり返しました。

そのあとも、じゅわじゅわ、ゆっくり焼いて、さいごに強火でさっと焦げ目を。

私は、一枚目は成功したけど
2枚目、遠慮しすぎで、焦げ目少なかったので、最後はもうちょっと焦げ目つけても良かったかな。

でも、お肉は、口に入れた途端、ふわっとして、
お肉なのにお肉じゃないような、
やわらかくて、口に入れた途端、とろけました。

お肉なのに、エアリー・・!
ふわ〜っととろけて、無くなる感じの、すっごく美味しいお肉でした。

弱火でステーキ焼くのって、初めてだけど、良かったです。

IMG_5198.jpg
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

パンとオサンポ

Author:パンとオサンポ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle