FC2ブログ

世界の見え方、それぞれの

IMG_7576.jpg
もうすぐ来る春を待っている白い花。

俯き加減の小さな花なので地面に膝ついて撮った。


今朝、手元にあって読もう読もうと思ってた本、
「目の見えない人は世界をどう見ているのか」を読んでたら
先日原美術館で見たばかりの、ソフィカルが出てきました。


この本自体は、以前にテレビでなんかの番組でやってて、興味を持ってたのです。

でも、ソフィカルが出てくる予感は全然なかったので、あ!って思いました。
全然関係なさそうじゃないですか?
フランス人アーティストと、視覚障害者の見える世界の話とか。

でも、ちゃんと繋がってましたよ。

本はとても面白いし読みやすいのでオススメです。
人気があるから読んだ方も多いでしょう。

ソフィカルも、昔読んだ本とかまた手にとって
読み返したくなってます。

ネットでは、渋谷のスクランブル交差点で流された
初めて海を見た人の映像を、見ることができます。
あんな遅い時間でなければ、実際にあの場所に立って
波の音を聞いてみたかったな。
スポンサーサイト



原美術館でソフィカル

IMG_7649.jpg
原美術館へ。

3月末までやってるソフィカルを見に行ってきました。

ソフィカルについては、何冊か本を読んで好きだった作家さんで、
尾行する話とかすごく面白いのでオススメなんですが、
展示作品を見る機会は今までありませんでした。
だから今回これをやると知って、すぐ行こうと思ったのです。

今回の展示は限局性激痛。

辛い体験をした時に、その話をなんども繰り返すうちに
だんだんと、その痛みや辛さが、根治されていく過程が
美しい写真と文字(刺繍)で現されていました。

最初、
ソフィカルが体験した失恋の話を細かいところまで
はっきりとみえる刺繍糸で綴られていて
最後の方になると、文字の色は布地の色と同化していき、字が判別しにくくなり
話の長さも、とても簡潔になります。

なんどもなんども繰り返し語るうちに、散々話してもう語り尽くして
悲しみも、それと同時に癒えていったようすが伺える。


辛さや痛みや悲しみの体験を人に語りかたられることの力を、
こんな風に表現して見せてくれた。

ところで原美術館、閉館しちゃうの?

IMG_7634.jpg

帰りに寄り道は浜離宮。
菜の花が満開でミツバチが総出で蜜集めしてた。

菜の花のいい香りいっぱい。
IMG_7637.jpg

梅も満開。


バナナチョコワッフル好き

IMG_7599.jpg
擦り切れた袖口にもこもこの毛糸で飾り付けました。

袖口は最初から擦り切れた感じの風合いでしたが、着ているうちに、
風合いが進みすぎて、ほんとに切れてきたもの。

編針で擦り切れをすくいながら、もこもこを編み付けました。

IMG_7601.jpg
片袖ができあがったところ。

この後もう一方も。

で、裾はどうしようかと思ったけど、ここでめんどくさくなったのでした。
まいっか。袖だけでね。

IMG_7604.jpg
チョコバナナワッフルです。

青山ティーファクトリーで。

紅茶が美味しくたっぷりポットで飲めるので、
このお店に寄り道せずにいられません。

カリッと焼かれたワッフルもとても好きです。


で、古本屋さんへ行くのが好きなんだけど
音楽テロに辟易です!
なんとかならないかしらね、ブックオフだけど。
本を選んでると、音楽がかかるんだけど、曲の途中で急に店内案内放送とか宣伝とか
全くいきなり、はいりこむので、ものすごく耳障りです。
いっそ、無音にしてほしい。耳と心がすごく疲れるんだけど。
このごろ探してる本があって、ブックオフを見かけるとついついはいっちゃうんだけど
どの店舗に行っても、同じ感じなのね〜、感心するほど。

でも、そのうち一番嫌いな曲がわかった。
ママアイラブユーとなんども繰り返す曲で、耳について(へばりついて)離れなくなるので
いやだ。

そのうち、歌詞を覚えてしまう。
こんな歌詞の曲歌わされる歌手さん、気の毒に・・ああ、西野カナさんか・・
トリセツも嫌いだったわ、私・・
こんな歌ばっかり歌わされるのは気の毒に・・と思って、今調べてみたら、ご本人の作詞でした。
ごめん。

はああ〜・・私がひねくれてるのか、
もしかして、こういうのを結婚式で歌う人、多いのかな。

もし私が母親で、こんな歌歌われた日にやあ、誉め殺しか!?ってうたがっちゃう。

あと、ゆずが歌ってる
クリスマスの歌が、
昔私も好きだった大瀧詠一さんの歌にしか思えないほどそっくりで
これも、耳がストレス感じるので、気持ち悪いです。

古本は好きなんだけど、そんなわけで、ブックオフは嫌いかも。

バレンタインスペシャルパン@M-SIZE

IMG_7555.jpg
ベルギー産のチョコレートを混ぜ込んだ生地に
ノアゼットクリームを敷きワインガナッシュにダークチェリーをのせました・・です。
m-sizeのバレンタインスペシャルパン、ワインガナッシュをかじったところ。
ちょっと断面が見えてます。

美しい全体像はこちら。
IMG_7552.jpg

ダークチェリーがたくさんのっかってて、豪華ですが、
もう一種類のナッツがいっぱい乗った方も、すごく豪勢なんです。
去年はそっちを食べたので、今年はチェリーの方にしたんだけど、
両方、すっごいてんこ盛りで豪華なんです。

スペシャルパンは、その日だけしかないパンだから、
作り手は、もうこれ以上無理、っていうくらい限界まで乗っけてる感じです。
これ以上は、袋に入れられない、袋から出す時こぼれちゃう、くらいの
てんこもりナッツやチェリーが、
気分を最高にもりあげてくれます。

で、とにかく美味しいから、毎年楽しみにしてます。
IMG_7557.jpg
こちらは定番鷹番トースト、今朝は
カマンベールとマーマレード乗せ。

サキモトさん@田園調布駅前

IMG_7535.jpg
田園調布駅前に新しくできた食パンとジャムのお店です。
通りがかったので、のぞいてみました。

白いふわふわの食パンが
一枚ずつきれいにラッピングされたのがいっぱいぶら下がってます。
ジャムもたくさん。

イートイン席にもたくさんお客さんがいるし
レジにも結構時間かかっててる。

なので、見学だけして、出ました。

今度、機会があれば、一回くらいジャム食べに行きたいかも。

ここって、前に神戸屋だったところですね。

IMG_7540.jpg
夕方、明日のパンが無い!ときづいて、マフィンを焼くことに。

マフィンミックスをつかったので
結構しっとり、誰でも簡単。

IMG_7541.jpg

半分は冷凍庫へ。
ヒグチさんのパンフの可愛いイラスト。

ヒグチユウコ展

IMG_7525.jpg
世田谷文学館ロビー階では写真も撮れるから
ワニとギュスターヴくんと写真も撮れたよ。

IMG_7515.jpg



IMG_7527.jpg
あちこちに、ヒグチさんキャラクターが
飾られてる文学館です。

ワニは、見れば見るほど好きになる感じがする。

ギフトショップも可愛いものたくさんありました。

ざくろとサーカス

IMG_7521_201902110846540a0.jpg
これが入り口です。

サーカスの入り口。
ヒグチユウコ展@世田谷文学館。

行く直前まで、「世田谷美術館ね、」って思い込んでました。
そしたら、終わったらいつもの美術館のカフェでランチだな、なんて。

よく確かめたら、文学館の方でした!
気づいてよかったー。

ヒグチユウコさんはすごく人気があるから
オープニングから少し時間をおいてみに行こうと思って行ってみた週末でした。
なので、入り口も、駐車場もそんなにこんでなくてすぐに入れてよかったです。

大好きな絵の原画がいっぱいあってよかったです。
IMG_7538.jpg
帰り道のM-SIZEでざっくざくを。ざくろいっぱいのパン、ざっくざく(ざっくざっくだっけ?)
とてもジューシー&フルーティな甘酸っぱさで
これは、焼かなくても、そのままでも美味しいパンだと思います。

展覧会のパンフと同じ色合いですね。

M-SIZE3月のカレンダー

IMG_7486.jpg
m-size3月のカレンダーです。

ひなまつりやホワイトディのパンが記入されてるのをみると、
ああもう春だなーって思います。

今のお惣菜系のパンは
じゃがたこと岩のり厚揚げと菜の花。
先日は厚揚げを食べました。
毎年、これが好きで、楽しみなのです。とろっとした岩のりとふんわり厚揚げが
セモリナ粉ブレンド生地のパンにはさまってます。

IMG_7495.jpg

先日ちょっと書いた、デジデリオのことが、
作者のこの本の中に、少し触れられているのを思い出しました。
表紙のホットケーキがすごく美味しそうでしょう。

で、その紹介のところ、こんな感じです。
前世をみてもらって、少なくとも5回は転生していると。
そのうちの一回が、ポルトガル人のデジデリオ、フィレンツェで彫刻家だったと聞かされ
初めは信じなかったのが、ある日その人物が実在していたのを知って
現地に取材旅行に行く、というお話です。
私も読んでとても面白かったのを思い出した。

でもそれはそれでおいといて、
森下さんのこのエッセイ集、どのひとつをとっても、とても素敵なお話です。

「駅弁の沢村貞子」というのは
先日、昔の沢村貞子さんの映像を見たところだったので
今読み返してまた興味深かった。

この本も、昔は持っていたのに、手放したので
今回は図書館で見つけてまた読み返しています。

図書館便利。

きなことポンカンできなぽん

IMG_7491.jpg
きなぽん。

M-SIZEの今月のパンです。
ポンカンときなことアーモンドスライストッピングの玄米粉パン。


そしてこちらは、スウェードトマト。
IMG_7494.jpg

・・・見た目も、変わってるでしょう!
お初のパンだと思う。
名前の由来も、よくわからず。
スウェードみたいだから、といいたいけど、少し硬めにパリッとした表面は
あんまりスウェードを思い起こさせないし、なんでしょう?
自家製トマトソースとリコッタチーズを練りこんだパン。
食感が、今までに無いチーズ感たっぷりねっとり練りこみパンです。
チーズの塊を食べてるのに近いくらい、チーズなパンです。

とっても美味しかったです。

白鳥のお皿

IMG_7472.jpg
プッチンブリンです。

先日、白鳥のお皿をリサイクルショップで発見。新品5枚組。大好きな白鳥モチーフ。
値段も安くて、すぐに書いました。荷物重くなったけど、
迷う暇なし!のお気に入り具合です。
で、何をのせたら似合う?と考えてたら
オットが、ババロアだろう、と。

でもババロアを作る気がしなかったから
買ってきた、プッチンプリン。
IMG_7477.jpg
何年ぶりかで食べたので懐かしいー!

IMG_7478.jpg
こちらは昨日の青山ティーファクトリーで。
いつも通り美味しいお茶、スリランカから到着したばかりだって。

こうやって写真で見てみると、
お店で飲むのも、家で飲むのも、白地の器が好きなのが、わかる。

白鳥のモチーフといえば、長野物産展でよく白鳥の箱に入ったお菓子を買ってました。
家に、4、5個は、箱があると思う。丸くて小さな落雁みたいな可愛いお菓子。

グリルで焼いてみた、鷹番トースト

IMG_7452.jpg

うちのガスコンロ、長く使っていたのがとうとう
寿命が来てしまって、新しいのに交換しました。

魚はもちろん、トースト焼きとかご飯炊きとかその他諸々
オートキーが付いています。

IMG_7453.jpg

最近、トーストをガスグリルで焼くと美味しいって記事を読んでたものだから、
私も早速、焼いてみました。
もちろん鷹番トースト。
8枚切りです。

カマンベールチーズのっけるのを
忘れて、途中で載せたから、チーズのとろけは悪いけど
美味しそうに焼けたみたい。

IMG_7454.jpg
目玉焼きも同じグリルでトーストと一緒に焼けるのよね。
忘れてて、フライパン出して焼いてました。
次回は、グリルで全部同時に焼き上げたい。

うちのガスコンロは長いこと古いのを使い続けてたから
前に料理教室をしてるお友達のお宅へ伺ったら
いろんな器具が最新式で、なんかびっくりしたことを思い出しました。

すごい進んでる〜!ってびっくりしたのでした。

うちのも少し、追いついた?
ゆで卵が自動でちゃんと火が消える、それだけで、おおおっ!となんか喜んでいます。

で、もちろん鷹番トーストは美味しかった。
今までのルコントだっけ、のオーブントースターより早く焼きあがるし
中がしっとり加減が増した感じです。

オットは、電気オーブンよりガスの方が料金も安いしいいね、だそうです。
sidetitleプロフィールsidetitle

パンとオサンポ

Author:パンとオサンポ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR