FC2ブログ

鳥に抱かれて

IMG_2674_20200803094634681.jpg

素敵でしょう。

作者は大竹利絵子さん、2015年の作品となっています。

鳥(鳩かしら)に抱きついて浮上していくように
見えたのですが、
作品名は、「Dance]。

素敵すぎて、
欲しくなりました。
別の角度。
IMG_2675.jpg

そうです、この作品は、
小川洋子さんのあとは切手を、一枚貼るだけ、の
表紙と中表紙に使われているのでした。

小川洋子さんは
すごく好きな作家で
アンネ・フランクに関することもとても
深くて、時々図書館で予約したりして
読むのだけれど、
あとは切手を、一枚貼るだけ、
この作品くらい、(堀江敏之さんとの共著ですが)
最初とっつきにくくて、
読むの諦めようか、と思ったのは
無かったくらい・・に小川ワールドすぎて私に果たして
読み切れるか!?と思いながら
諦めながら進んでいくと、
最後の方に、胸が痛くなるような、現実が見えてきて
まだ読みきれていないのですが、
この表紙の作品とあいまって、
私のなかでのここ最近ナンバーワンに心にぐうっと入り込んできました。


小川洋子さんを読んでると
先日読んでた岸本佐知子さんみたいな
すいすい読み進める本と正反対だな、・・・と思ったら
ちょうど偶然予約がきた本に小川洋子対談集というのがあって
そこに、
まさにこのお二人が対談されてる章がありました。

こういうのを、つながった、って言うんでしょうか。

対談集は随分前の本なので
お二人も今よりずっと若いので、
ちょっと前に戻った感じで、読んでみようと思います。



それにしても、
鳩にいだかれて、くるくるまわりながら、天上に昇ることができるなら
どんな、幸せな最後だろうと。

アンネや、とてつもなく不幸な目にあって
無くなって人たちは、みんな、最後、こんなふうに
優しい羽のお迎えが連れて行ってくれたはず。
スポンサーサイト



朝顔お初

IMG_2659_20200731125423ad6.jpg
やっと、やっと、
今年初めての朝顔が咲いてくれました。


今年は、蕾も小さいのができるばかりで、
ぜんぜん、咲きそうになかったのが、昨日急に蕾がふっくらしてきて
今朝5時半にカーテン開けたら、咲いてました。

もう一つの、白い朝顔も咲きました。

IMG_2661.jpg
この、名前忘れたのも、透き通るような花弁のが
毎朝たくさん、咲いてくれる。

さっき、空は変な黒い色をしていて、
外出をやめて、お昼ご飯家で作って食べてたのに、
今、外は明るい。セミがミンミン鳴いてるし、天気持ち直した?

でも、暑すぎるのもなんだし
この間から読んでる本が面白いので
家で過ごそう。

おやつ。
IMG_2665.jpg
温めすぎてだら〜んとした冷凍回転焼き・・も、美味しいものよ。

お茶は、小豆茶、本は岸本佐知子ひみつのしつもん。

で、本格的にぐーたらしようと、思う。

それでも、季節は・・

IMG_2649_20200730084439e6d.jpg
毎朝、朝顔は咲いたかな?とか
ハイビスカスはどうかな?とか、
なんでこんなとこに、謎のキノコが!とか、
カメムシやろうめ!とか
楽しみと共に、まあいろいろ見せてくれる、うちのベランダです。

今朝はやっと、もうすぐ梅雨も明けるのかも・・?と
期待させてくれる、お天気がのぞいてるので、ちょっと
キノコにうんざりしてたので、嬉しいです。

体調も、このまま、上向きで、よろしくお願いしたい。

IMG_2650_202007300844400f9.jpg


パン屋さんへは行けてませんが、

比較的近いので、ルーフさんへはお出かけしました。
IMG_2640.jpg

いつもの場所が、いつものように同じように
開いていて、とても嬉しかったです。


あとは、・・・特に何もなく、毎日が過ぎていきます。
今年は、
地球に今住んでる人だれもにとって、忘れられないターニングポイントの年になるのでしょうね〜。
案外、真っ只中の今は、何にもできない、何していいかわからない、とか
騒いでるだけなんだけど。
でも、地道に毎日過ごしていけば、
いつか、それがいい未来に向かう気がする。
過去にならなかった今というのは何一つなく、歴史って動き続けるものだから
昔の本を読み返して、読み終わった時、でもこれはもう、ずっと昔に
終わった話、と気づくと、
今、と昔の垣根はなくなって、自分って言う小さい単位がなくなって、
大きい歴史の中で、ただその日一日与えられた、小さいしずく一滴の気持ちになれます。

ラバーズ・アイ

IMG_2583_20200709082655067.jpg

この世は欲しいものに・・・で
イギリスのアンティークアクセサリーをやってて
その時出てきた
ラバーズ・アイに私もとても、魅かれました。

愛の証。

戦地などで離れていても、私のこの気持ちを、あなたに預けていきます・・・のような、
ものでしょうか?

IMG_2576.jpg

一冬越したハイビスカスが、
また、もう一輪咲きました。

この花は、ずいぶん長く蕾のままでいたので
もう咲かないで、蕾が落ちちゃうのかもね・・・なんて
思ってました。
そしたら朝、まただんだん開いてきて、
今二日目。

オレンジの方は、だいたい一日花だから、
嬉しい。

ランラン・久米さん・紫陽花

IMG_2560.jpg
パン屋さんへ行けないので
花の写真ばっかりで、「パンの棚」じゃなくて
花の棚、になっちゃってますが。

めまいで気持ち悪い時、酸っぱいものが美味しいので。
今もちょっと。
先日初めて発見した
クランベリー味が、このシリーズの中で一番酸っぱい。


食欲も少し出るね、酸っぱいもの。
そしてテレビ見てます。

ピアノ界の世界的スターといえば、ラン・ランさん。
私はこの人の名を聞くたびに、パンダをおもいうかべちゃうんですけど、
先日、子供のための音楽番組で
エリーゼを弾いていて、素晴らしかったです。
IMG_2588_202007090826560ca.jpg

弾く人によって
こんなにちがってしまうエリーゼ。

キャプションにあるように、本当に、羽のようにふわっとしていて
ずっと聴いていてもよかったです。
IMG_2580.jpg
紫陽花も咲いています。

紫陽花やアガパンサス、季節の短いものは、寂しいのが嫌で
今まで、買わないでいました。
でもやっぱり、一度は・・と思って。

先日久米さんのラジオ番組が終わっちゃったのは
先日もここに書いたけど、
なんで久米さんが好きだって言うと、ものをはっきり言うところです。

特に、私も常々変だと思ってた、オリンピックの開催時期、
もともと、オリンピックの候補に手を挙げる時点で、
七月開催でないと、ダメだったそうです。

昔のように、秋に開催すればいいのにね、なんて思ってたのですが、
そもそも、七月でないと、立候補すら受け付けないオリンピック委員会。
それはもちろん、アメリカや大国の経済のために、でしょうけど。

だから、オリンピックを開催するぞと息巻いていた人たちは
ほんとは、アスリートのことなんか、全然、好きじゃない。愛がないのです。

儲けりゃいいのです。アスリートが暑さで大変な目にあっても。

だから、きっと、こんなことになったのでしょうよ、と私は
今、マスクだらけの世界を見て。

久米さんももう、最初っから
オリンピック反対、とはっきりおっしゃってたので
私も好きになりました。
私も、なんで!?って
なんで東京が誘致に手を挙げるのかって。
せめて、地方都市なら、まだ、・・・いやそれでも、
真夏開催のオリンピックなんて
ありえないです。危険な暑さです!


で、久米さんのラジオつながりで
このごろ懐かしくなって、永六輔さんの昔のラジオの
本まで、読み出しました。

昔のカッコ良かった人の言ったこと、書いたこと、たくさん
目にして、手にして、栄養に取り入れたいのです。




sidetitleプロフィールsidetitle

パンとオサンポ

Author:パンとオサンポ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR