緑ヶ丘のスリジエのチャパタ

IMG_0487.jpg
緑ヶ丘の駅の真ん前にあるパン屋さん、
スリジエ。
目の前の緑道は、桜の季節が素晴らしいからかな。
私も、桜の季節にはこの緑道を歩くのが楽しみです。
(スリジエは、桜の木という意味です)

このパン屋さんは、ちょっとみだと
なんとなく地味な感じで、
パンの種類もすごくいっぱいある感じじゃなくて、小さいお店なのです。

でも去年だったか、一回チャパタを買ったとき、
すごく好きなタイプのチャパタだったので
急に、スリジエの位置が、私の中で変わった。
(チャパタだったと思う・・いい加減ですみません・・でも、たしかチャパタ)

みずみずしくて、気泡いっぱいの軽い生地です。
IMG_0488_20170524082044dd4.jpg

チャパタといえば、二子のブレッド&バターが一番好きだった。
でもチャパタ作ってない時もあるし今はどうかな?なんか工事中かな?

他のお店もいろいろ見ても、好きなチャパタなかった。
どこもだいたい、生地が重くて。
灯台下暗し、スリジエがよかったので嬉しい。

もちろん、他の種類のパンもいろいろあるし、美味しいお店です。
なぜかすごく静かな感じのイメージがある、お店なのは、
静かな住宅街にあるからかな。

その方がしっくりくるのかもしれないです。

・・・私は、チャパタのことを、よく間違えて、フォカッチャって言っちゃう癖があります。
頭の中では、チャパタってわかてるのに、口が、手が、フォカッチャって。
前の日記を確かめたら、
ブレッド&バターのフォカッチャって、書いてる時もあった。
もう、いちいち訂正しないし・・・ありすぎて。
スポンサーサイト

美味しいお味噌汁のランチ

IMG_0438.jpg
miso汁香房でランチです。

毎回行くたびに、
いろんな違った種類のお味噌とか
具材とお味噌の組み合わせとか、
楽しませてもらってます。

こっちの小さいカップは、
お味見サイズのすり流しです。
IMG_0439.jpg
レタスのすり流しって、初めて。
あー美味しかった。

メニュー見て、どちらも食べたくて迷う時は
両方食べてもな、と思った。

お店は、いつ行っても
同じように穏やかで、
ちょっとお茶して気分リセットして
またやる気だして、何かできる気分にさせてくれる場所です。

ずっと、ロジの木って名前で呼んでたから、
今でも、時々、ロジの木って言っちゃうけど
どんどん、お味噌汁度が高くなってるので
このごろ、
miso汁香房っていう名前が、私の中でもだいぶ馴染んで来たような気がしてます。

お店を出た後、
散歩してたら
いきなり雷雨になりました。

でもちょうど、緑ヶ丘の駅前についたので、
そっから電車に乗って
雨雲が追いついて来る前に帰ろうとして、
結局追いつかれて、
じゃあ、追い抜かれた方がいいかな?と
用もないお店で長いしてやり過ごした日でした。



M-SIZE6月のカレンダーとバトラ

IMG_0437.jpg
M-SIZEのバトラと
いちごあんぱん。

あんぱんの方は、
M-SIZEのあんぱんが大好きな人がいるので、お土産です。
私も好きだけど。その人は、相当好きみたいなので、いつもお譲りするのです。
バトラは、時々ものすごく、食べたくなるパン。
トーストしてバターで食べるのも、
お店でやってるみたいにトマトソースでチーズとか、
とても美味しいです。

IMG_0443.jpg

鷹番トースト持って帰るのが重い時は、
バトラかな。
ところで、バトラは、昔は先端が細くなる形でした。
ある日、先端が丸い形に変化しました。
この方が、トーストしても焦げにくくていいのかな。

IMG_0434_20170522082016a87.jpg
M-SIZE6月のカレンダーです。

18日に父の日パンがあります。
もう、6月かーって思う。

ミカヅキ堂さんへ寄り道

IMG_0454.jpg
三茶のミカヅキ堂です。

ほんとは前述のパンカフェでたべるはずが
食べられなくて、出て来たのはいいけど
お腹空いてるし、
なんか、予定が狂ったし、・・・・でも
三茶の駅へ戻る途中に、好きなパン屋さんがあるのは知ってるから
とにかく戻って来ました。
ミカヅキ堂。
久しぶりだけど、やっぱり美味しかったです。

ミカヅキ型のブリオッシュもあったし、
前に食べて美味しかったクリームパンも。

上の写真のバナナとか入ったパンもしっとり感があって
とても美味しかったです。

でもミカヅキさんは食べるところがないので
小さい公園のベンチで食べたのでした。

でも美味しかった。

もう少し近かったら、もっと買いに来ると思う。

うう・・・・・

IMG_0444.jpg
げんなり話の続きです。
写真は素敵な売り場のパン。

で、
ちゃんとどう感じたか、その人に話しました。

「せっかく、楽しい気分で食べようと思って来たのに
なぜ、ちゃんと説明できないんですか?」とか。

そしたら、
他にやることがあって忙しくて。
というのと、
あんまりパンの名前を聞かれることもなくてとまどって。
だそうです。

忙しいから、めんどくさいと思った。
私は、もう気分も悪くて食べられないので
帰ります、とお話しして
席をたちましたが
私がカバンの中の財布を出しているのと
同時くらいすばやく
その人はレジをうってました。

うう・・・私はもちろん最初から払うつもりだけど、
食のプロなら、
お客さんに気分悪くさせて、一口ふたくちで、ほとんど手をつけてもらえず
帰られてしまうなんて事態になったら
最低でもひとことは、
お代はいただけません、とか言いそうです。

もう、その気配もなかったですよ。

ふつうに何円です、っていって、
千円札受け取って、それきりでした!
びっくり。
プライドとか、ないのね、とか思いつつ、
やっぱり、そうか。
そういうお店なのだ・・と、妙に納得しました。

私がお店側だったら、恥ずかしくてお金受け取れないです。

でも、反対に、客側の私は、意地でもお金払っていきたいところでもある。
だって、後で何か言われたらいやだもの!

ずらっと並んだままの大量のパン、持ち帰りもしなかったです。
だって、
どれもトーストされて温められていたので
一回トーストされて冷めたパンって、あんまり美味しくないし、
それよりなにより、ここのお店のパン、もう食べる気しないし!


後で聞いたら
このお店、最近いろんな番組とか、よく取り上げられてるみたいです。

私は見てなかったけど。
でもやっぱり、こうなると
テレビとかでちゃって、行って見たいな、とか思うのって
危険ね〜と思いました。

・・・で、そんなことがあったすぐ後で、
東急のサルースの新しいのが駅に出てたから見たら
そのお店も出てました。
わあ、ここにも出てたー!と
また思い出して、げんなりしたのでした。


ところで
家に帰って憤慨して喋る私に
家族が、車のディーラーでもそういことがあったと言い出しました。

ショールームで、
女性店員に、この車の後部シートは倒れるのかどうか聞いたら、
私はわからないから向こうの男性にきいてくれと
ぶっきらぼうに返事されたんだって。
めんどくさそうだったって。

なんで、笑顔の一つもつくって、わからないから聞いて来ます、とか
言えないのか、と腹が立ったそうです。

なんだかね。
言い方ひとつなんだけどね。
sidetitleプロフィールsidetitle

パンとオサンポ

Author:パンとオサンポ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle